プログラム

プログラム

プログラム チラシ

特別企画

  • 4月27日「病理の100年を振り返って」
    菅野 晴夫(財団法人癌研究会顧問)

宿題報告

  • 4月27日1.「病態解析に向けた細胞-細胞、細胞-基質間相互作用の研究−Mam、CD44、ヒアルロン酸の解析−」
    張ヶ谷 健一(千葉大学)
  • 4月28日2.「ムチン−ヒト癌における臨床病理学的意義と遺伝子発現機構の解明から腫瘍悪性度早期診断システムの構築まで−」
    米澤 傑(鹿児島大学)
  • 4月29日3.「組織微小環境の内的調節因子、オステオポンチンの病態病理学」
    上出 利光(北海道大学)

特別講演

  • 4月28日特別講演「科学の一般性、物語の一般性 ─『2.5人称の視点』が拓くもの─」
    柳田 邦男(ノンフィクション作家)

招請講演

  • 4月27日「これからの病理学・診断と未病社会」
    松原 謙一(大阪大学名誉教授、DNAチップ研究所)

教育講演

  • 4月27日1.「脊椎動物の未分化細胞からの臓器形成と分化制御」
    浅島 誠(産業技術総合研究所)
  • 4月28日2.「独自の技術によるがんの責任遺伝子発見−選別化医療から個別化医療へ」
    間野 博行(東京大学・自治医科大学)
  • 4月29日3.「癌幹細胞研究」
    森 正樹(大阪大学)

日中交流ワークショップ

  • 4月27日「未来への懸け橋」

市民公開シンポジウム

  • 4月29日「がん医療 ─時代は何を求めているか─」立花 隆ほか

シンポジウム

  • 4月27日1.「環境発がん−アスベスト・ナノを中心として−」
    座長:樋野 興夫(順天堂大学)
    広瀬 明彦(国立医薬品食品衛生研究所)
  • 4月27日2.「縦隔腫瘍の多様性はどこまでわかってきたか」
    座長:松野 吉宏(北海道大学)
    鍋島 一樹(福岡大学)
  • 4月28日3.「オートファジーと病態」
    座長:内山 安男(順天堂大学)
    山村 研一(熊本大学)
  • 4月28日4.「肝細胞癌の基礎的研究と病理診断―歴史と最近の進歩―」
    座長:坂元 亨宇(慶應義塾大学)
    福里 利夫(帝京大学)
  • 4月28日5.「新しい世紀の病理解剖」
    座長:糸山 進次(埼玉医科大学総合医療センター)
    岡 輝明(関東中央病院)
  • 4月29日6.「胃癌・大腸癌(歴史をふまえて)」
    座長:加藤 洋(獨協医科大学)
    岩下 明徳(福岡大学)
  • 4月29日7.「がん:病理学の逆襲」
    座長:宮園 浩平(東京大学)
    仲野 徹(大阪大学)
  • 4月29日8.「食道癌の診断・治療の最前線」
    座長:八尾 隆史(順天堂大学)
    柳澤 昭夫(京都府立医科大学)

ワークショップ

  • 4月27日1.「膵腫瘍update(新WHO分類に基づく病理診断)」
    座長:清水 道生(埼玉医科大学国際医療センター) 
    福嶋 敬宜(自治医科大学)
  • 4月27日2.「悪性リンパ腫(日常診断において知っておきたい新たな疾患概念)」
    座長:中村 栄男(名古屋大学)
    田丸 淳一(埼玉医科大学総合医療センター)
  • 4月27日3.「病理部門の管理規制(Regulation)制度」
    座長:水口 國雄(帝京大学)
    松本 俊治(順天堂大学)
  • 4月28日4.「血管病理の明日への展望」
    座長:能勢 眞人(愛媛大学)
    居石 克夫(国立福岡東医療センター)
  • 4月28日5.「乳癌薬物療法のための病理診断の問題点」
    座長:秋山 太(癌研究会)
    斎藤 光江(順天堂大学)
  • 4月28日6.「神経内分泌腫瘍」
    座長:佐野 壽昭(徳島大学)
    元井 紀子(癌研究会癌研究所)
  • 4月28日7.「骨軟部腫瘍-:HE診断からmicro RNA解析まで-」
    座長:石田 剛(国立国際医療センター国府台病院)
    小田 義直(九州大学)
  • 4月29日8.「肺癌の病理診断で知っておくべきこと」
    座長:野口 雅之(筑波大学)
    鈴木 健司(順天堂大学)
  • 4月29日9.「明日の病理学教育」
    座長:覚道 健一(和歌山県立医科大学)
    井内 康輝(広島大学)
  • 4月29日10.「卵巣腫瘍の基礎と臨床:明細胞腺癌の病理像、病態解析そして治療の最前線」
    座長:安田 政実(埼玉医科大学国際医療センター)
    三上 芳喜(京都大学)
  • 4月29日11.「ベセスダシステムに迫る(日本臨床細胞学会共催)」
    座長:森谷 卓也(川崎医科大学)
    是松 元子(埼玉社会保険病院)
  • 4月29日12.「神経変性疾患と封入体」
    座長:服部 信孝(順天堂大学)
    望月 秀樹(北里大学)

病理診断講習会

  • 4月27日臓器別病理診断講習会「病理解剖」
    モデレーター:仁木 利郎(自治医科大学) 演者:森 正也(三井記念病院) (病理解剖)1-1.「剖検症例の解析方法とまとめ方」:主として過去の剖検症例問題の解説
  • 4月27日系統的病理診断講習会「免疫組織化学」
    モデレーター:鬼島 宏(弘前大学) 演者:安田 政実(埼玉医科大学国際医療センター) 2-1.「免疫組織化学の基礎知識」 演者:伊藤 智雄(神戸大学) 2-2.「原発不明癌を含めた腫瘍の鑑別診断」
  • 4月28日系統的病理診断講習会「免疫組織化学」
    モデレーター:丸山 理留敬(島根大学) 演者:梅村 しのぶ(東海大学) 2-3.「治療に関連した免疫組織学的評価法」 演者:松野 吉宏(北海道大学病院) 2-4.「悪性リンパ腫における実践的な鑑別診断」
  • 4月29日臓器別病理診断講習会「乳腺・頭頸部」
    モデレーター:猪山 賢一(熊本大学) 演者:堀井 理絵(癌研究会 有明病院) (乳腺)1-2.「乳腺石灰化病変の鑑別診断 Flat epithelial atypiaの概念と取扱い」 演者:熊本 裕行(東北大学) (頭頸部)1-3.「淡明細胞を伴った下顎骨腫瘍」
  • 4月29日臓器別病理診断講習会「小児・呼吸器」
    モデレーター:林 徳眞吉(長崎大学) 演者:井上 健(大阪市立総合医療センター) (小児)1-4.「GM1ガングリオシドーシスの一例:先天代謝異常症における生検診断」 演者:弘中 貢(自治医科大学) (呼吸器)1-5.「剥離性間質性肺炎様の画像所見および組織反応を呈した慢性好酸球性肺炎の1例」
  • 4月29日系統的病理診断講習会「免疫組織化学」
    モデレーター:福永 真治(東京慈恵会医科大学第三病院) 演者:小田 義直(九州大学) 2-5.「軟部腫瘍における免疫組織化学染色による実践的な鑑別診断」

▲ページ最上段へ