プログラム

特別講演

4月28日(木) 14:15〜15:15 A会場(1F・メインホール)

座長菅野 晴夫(財団法人癌研究会 顧問)

「日本病理学会の100年:その役割の変遷」
森 茂郎(江東微生物研究所病理研究所長、(100周年記念誌刊行委員会委員長))

▲ページ最上段へ

特別企画「病理学の研究 未来に向かっての提言」

4月28日(木) 15:15〜16:15 A会場(1F・メインホール)

座長樋野 興夫(順天堂大学医学部 病理・腫瘍学)

  • 提言1. 形態学と総合性の豊かな未来
    北川 知行(財団法人癌研究会 癌研究所 名誉所長)
  • 提言2. 古くて新しい人体病理学 −診断病理学の煌めき−
    恒吉 正澄(九州大学大学院医学研究院 形態機能病理学、医療法人高邦会 福岡山王病院 病理診断科)
  • 提言3. 「統括病理学」の時代における病理学研究
    岡田 保典(慶應義塾大学医学部 病理学教室)

▲ページ最上段へ

宿題報告

宿題報告1 4月28日(木) 13:05〜14:15 A会場(1F・メインホール)

座長佐藤 昇志(札幌医科大学医学部 病理学第一講座)

「潰瘍性大腸炎の発症・持続とその大腸発癌・進展機序−慢性臓器炎-発癌系のモデルとして−」
岡安 勲(北里大学名誉教授(医学部病理学)、NEDO橋渡し研究 特任研究員)

宿題報告2 4月30日(土) 13:05〜14:15 A会場(1F・メインホール)

座長山口 朗(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 口腔病理学分野)

「がんの浸潤・転移のシグナルネットワーク」
宮園 浩平(東京大学大学院医学系研究科 病理学講座 分子病理学分野)

▲ページ最上段へ

会長講演

4月30日(土) 16:10〜16:50 A会場(1F・メインホール)

座長真鍋 俊明(滋賀県立成人病センター研究所)

「人体病理学の展開 −次の100年をつくるために」
深山 正久(東京大学大学院医学系研究科 病理学講座 人体病理学・病理診断学分野)

▲ページ最上段へ

教育講演

教育講演1 4月28日(木) 14:15〜14:55 B会場(5F・503会議室)

座長松田 道行(京都大学大学院医学研究科 基礎病態学講座 病態生物医学分野)

「上皮細胞シートによる生体制御システムの構築とその異状による病態」
月田 早智子(大阪大学大学院 生命機能研究科/医学系研究科 分子生体情報学)

教育講演2 4月28日(木) 14:55〜15:35 B会場(5F・503会議室)

座長北川 昌伸(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 包括病理学分野)

「ヒト人工染色体の医学・薬学への応用」
押村 光雄(鳥取大学 染色体工学研究センター)

教育講演3 4月28日(木) 15:35〜16:15 B会場(5F・503会議室)

座長石川 雄一(財団法人癌研究会 癌研究所 病理部)

「DNA copy Numbering in Colorectal cancer : New Results and New Conclusions」
Andrew H Wyllie(Department of Pathology, University of Cambridge, UK)

教育講演4 4月29日(金・祝) 13:05〜13:45 A会場(1F・メインホール)

座長宮園 浩平(東京大学大学院医学系研究科  病理学講座 分子病理学分野)

「自然免疫と病原体認識」
審良 静男(大阪大学 WPI免疫学フロンティア研究センター)

教育講演5 4月29日(金・祝) 13:45〜14:25 A会場(1F・メインホール)

座長高橋 雅英(名古屋大学大学院医学系研究科 病理病態学 腫瘍病理学/分子病理学講座)

「糖尿病と病理」
門脇 孝(東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科)

教育講演6 4月30日(土) 16:50〜17:30 A会場(1F・メインホール)

座長福嶋 敬宜(自治医科大学附属病院 病理診断部)

「Pancreas Pathology in the Era of Whole Genome Sequencing」
Ralph H. Hruban(The Sol Goldman Pancreatic Cancer Research Center, The Johns Hopkins University School of Medicine, USA)

教育講演7 4月30日(土) 17:30〜18:10 A会場(1F・メインホール)

座長笹野 公伸(東北大学大学院医学系研究科  病理病態学講座 病理診断学分野)

「Stem cells in colon and other cancers」
Thomas Kirchner(Institute of Pathology, University of Munich, LMU)

▲ページ最上段へ

診断ワークショップ(公募採択企画

診断ワークショップ1
「コンパニオン診断 −新たな時代の病理診断の課題」
 4月29日(金・祝) 17:00〜18:30 C会場(5F・501会議室)

座長松野 吉宏(北海道大学病院 病理部)
佐々木 毅(横浜市立大学附属市民総合医療センター 病理部)

  • 1. コンパニオン診断における病理の役割
    松野 吉宏(北海道大学病院 病理部)
  • 2. 医薬品と診断法の同時開発:現況と課題
    米盛 勧(国立がん研究センター中央病院 乳腺科・腫瘍内科)
  • 3. 病院診療におけるコンパニオン診断の経済学
    宮地 勇人(東海大学医学部 基盤診療学系 臨床検査学)
  • 4. 治療標的分子の客観的評価と診断支援
    佐々木 毅(横浜市立大学附属市民総合医療センター 病理部)
  • 5. コンパニオン診断に用いる検体の品質管理
    有廣 光司(広島大学病院 病理診断科)

診断ワークショップ2 
「軟部肉腫の診断と治療 −臨床との連携の重要性」
4月29日(金・祝) 17:00〜18:30 D会場(5F・502会議室)

座長長谷川 匡(札幌医科大学医学部 病理診断学)
小田 義直(九州大学大学院医学研究院 形態機能病理学)

  • 1. 軟部肉腫の進行期と治療方針・予後
    川井 章(国立がん研究センター中央病院 骨軟部腫瘍科)
  • 2. 軟部肉腫の画像診断
    立石 宇貴秀(横浜市立大学大学院医学研究科 放射線医学)
  • 3. 軟部肉腫の病理診断 −臨床所見の重要性
    長谷川 匡(札幌医科大学医学部 病理診断学)
  • 4. 軟部肉腫の悪性度診断
    小田 義直(九州大学大学院医学研究院 形態機能病理学)
  • 5. 軟部肉腫の組織学的治療効果判定と切除縁評価
    蛭田 啓之(東邦大学医療センター佐倉病院 病院病理部)
  • 6. 軟部肉腫の薬物療法
    米盛 勧(国立がん研究センター中央病院 乳腺科・腫瘍内科)

診断ワークショップ3 
「乳腺の細胞診と針生検の現状と問題点」
 4月29日(金・祝) 17:00〜18:30 A会場(1F・メインホール)

座長土屋 眞一(日本医科大学付属病院 病理部)
秋山 太(癌研究会 癌研究所 病理部)

  • 1. 乳腺の細胞診と針生検 〜臨床医が病理医に望むこと〜
    高橋 かおる(静岡県立静岡がんセンター 乳腺外科)
  • 2. 細胞診と針生検の使い分け
    大井 恭代(博愛会相良病院 病理診断科)
  • 3. 針生検の精度と問題点
    前田 一郎(聖マリアンナ医科大学 診断病理学)
  • 4. 細胞診の精度と問題点
    山口 倫(久留米大学医学部附属医療センター 病理診断科)

診断ワークショップ4 
「改訂された胃生検組織診断分類(Group分類)とその問題点」
 4月28日(木) 17:00〜18:30 C会場(5F・501会議室)

座長大倉 康男(杏林大学医学部 病理学教室)
藤盛 孝博(獨協医科大学 病理学(人体分子))

  • 1. 胃Group分類改訂の趣旨
    九嶋 亮治(国立がん研究センター中央病院 病理科)
  • 2. 改訂された胃生検組織分類(Group分類)の運用
    八尾 隆史(順天堂大学医学部 人体病理病態学)
  • 3. 改訂された胃Group分類運用の問題点 −病院の立場から
    海崎 泰治(福井県立病院 臨床病理科)
  • 4. 胃癌生検分類グループ分類の我々の考え方
    菅井 有(岩手医科大学医学部 病理学講座 分子診断病理学分野)
  • 5. 改訂された胃生検組織診断分類(Group分類)とその問題点 −検査センターの立場から
    石黒 信吾(PCL Japan 病理・細胞診センター)
  • 6. 胃Group分類のありかた −癌取り扱い規約「病理編」作成委員会委員長の立場から
    向井 万起男(慶應義塾大学医学部 病理診断部)

診断ワークショップ5 
「深在性真菌症の病理」
4月29日(金・祝) 17:00〜18:30 E会場(3F・303会議室)

座長澁谷 和俊(東邦大学医療センター大森病院 病理診断科)
久米 光(日本医科大学)

  • 1. 緒言・剖検統計の経年推移とその解釈
    久米 光(日本医科大学)
  • 2. 深在性真菌症における臨床的課題
    宮﨑 義継(国立感染症研究所 生物活性物質部(真菌症担当部))
  • 3. 画像から考える病態
    安藤 常浩(日本赤十字社医療センター 感染症科)
  • 4. 酵母感染症を中心とした病理診断と病態
    伊藤 誠(刈谷豊田総合病院 病理科)
  • 5. 糸状菌感染症を中心とした病理診断と病態
    木村 雅友(近畿大学医学部 病理学講座)
  • 6. 病理検体を用いた遺伝子診断と後方視的発生動向
    若山 恵(東邦大学医学部 病院病理学)

診断ワークショップ6 
「薬剤性肺障害」
4月29日(金・祝) 17:00〜18:30 F会場(3F・304会議室)

座長福田 悠(日本医科大学 解析人体病理学)
武村 民子(日本赤十字社医療センター 病理部)

  • 1. 臨床現場における薬剤性肺障害 −内科医の視点から−
    吾妻 安良太(日本医科大学 内科学講座 呼吸器・感染・腫瘍部門)
  • 2. 薬剤性肺障害の画像診断
    酒井 文和(埼玉医科大学国際医療センター 画像診断科)
  • 3. 薬剤性肺障害の病理像の特徴
    福田 悠(日本医科大学 解析人体病理学)
  • 4. 劇症型の薬剤性肺障害の病理
    小橋 陽一郎(天理よろづ相談所病院 医学研究所 病理)

診断ワークショップ7 
「悪性黒色腫の臨床病理」
4月29日(金・祝) 17:00〜18:30 H会場(4F・416+417会議室)

座長清水 道生(埼玉医科大学国際医療センター 病理診断科)
横山 繁生(大分大学医学部 診断病理学講座)

  • 1. 悪性黒色腫の臨床像 −特にダーモスコピー所見について−
    大原 国章(虎の門病院 皮膚科)
  • 2. センチネルリンパ節生検とその意義
    山﨑 直也(国立がん研究センター中央病院 皮膚腫瘍科)
  • 3. 悪性黒色腫の病理診断 −特に良性病変との鑑別
    都築 豊徳(名古屋第二赤十字病院 病理診断科)
  • 4. 悪性黒色腫の病理診断 −その初期病変とバリエーション
    新井 栄一(埼玉医科大学医学部医学科 病理学)
  • 5. 悪性黒色腫の病理診断 −標本の取り扱いと報告様式について
    泉 美貴(東京医科大学 医学教育学講座)

▲ページ最上段へ

オープンフォーラム(公募採択企画指定企画

オープンフォーラム1 
「病理コンサルテーションの実情と展望」
4月28日(木) 17:00〜18:30 D会場(5F・502会議室)

座長森谷 卓也(川崎医科大学 病理学2)
森永 正二郎(北里研究所病院 病理診断科)

  • 1. 日本病理学会コンサルテーションシステムの歴史と展望
    森永 正二郎(北里研究所病院 病理診断科)
  • 2. アンケート調査からみた病理コンサルテーションの実情
    森谷 卓也(日本病理学会 コンサルテーション委員会、川崎医科大学 病理学2)
  • 3. 病理コンサルテーションの実際:コンサルタント(血液病理)の立場から
    大島 孝一(久留米大学医学部 病理学教室)
  • 4. ITを用いた新しいシステムによるコンサルテーション−バーチャルスライドやインターネットの利用−
    黒瀬 顕(弘前大学医学部 病理診断学講座)
  • 5. がん対策情報センター病理診断コンサルテーションサービスの現状
    長谷部 孝裕(国立がん研究センター 情報センター 病理)

オープンフォーラム2 
「若手病理医の確保と人材育成」
4月28日(木) 17:00〜18:30 E会場(3F・303会議室)

座長豊國 伸哉(名古屋大学大学院医学系研究科 生体反応病理学・分子病理診断学)
大橋 健一(虎の門病院 病理部)

  • 1. 地域医療を重視する大学での病理医の育成
    丸山 理瑠敬(島根大学医学部 病理学講座(器官病理学))
  • 2. 病理にいざなう医学部授業
    長嶋 洋治(横浜市立大学大学院医学研究科 分子病理学)
  • 3. 大学病院病理部における人材確保と育成
    羽場 礼次(香川大学医学部附属病院 病理部)
  • 4. 一般病院における病理医リクルートについて
    小野 謙三(公立陶生病院 病理部)
  • 5. 病理医の確保と育成 〜一般病院初期研修医の声を聞いて〜
    南口 早智子(京都医療センター 病理診断科)
  • 6. がん専門病院における人材確保と育成 〜国立がん研究センターの場合
    笹島 ゆう子(国立がん研究センター中央病院 病理科・臨床検査科)

オープンフォーラム3 
「デジタル病理学のフロンティア」
4月28日(木) 17:00〜18:30 F会場(3F・304会議室)

座長土橋 康成(財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター 臨床病理研究部)
澤井 高志(岩手医科大学医学部 病理学講座 先進機能病理学分野)

  • 1. VSを用いたデジタルコンサルテーションシステムの開発と応用
    菅野 祐幸(岩手医科大学医学部 病理学講座 先進機能病理学分野)
  • 2. VSデジタル画像を用いた免疫蛍光組織化学と病理診断への応用性
    橋口 明典(慶應義塾大学医学部 病理学教室)
  • 3. Z軸ビデオを含むデジタル顕微鏡観察の病理学、特に遠隔細胞診への応用
    山城 勝重(国立病院機構北海道がん研究センター 臨床研究部)
  • 4. 日常診療における病理デジタル画像の将来
    羽賀 博典(京都大学医学部附属病院 病理診断部)
  • 5. デジタル病理システムに関わる標準化活動、IHE−J病理の成果と課題
    東福寺 幾夫(高崎健康福祉大学 健康福祉学部 医療情報学科)
  • 6. デジタル顕微鏡画像を用いた病理自動診断補助システム開発とその応用可能性
    土橋 康成(財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター 臨床病理研究部)

オープンフォーラム4 
「バイオバンクと病理学」
4月28日(木) 17:00〜18:30 G会場(4F・414+415会議室)

座長土屋 永寿(神奈川県立がんセンター 臨床研究所)
沢辺 元司(東京都健康長寿医療センター 高齢者バイオリソースセンター)

  • 1. 我が国に於けるゲノム関連バイオリソースの現状とバイオバンク利用者の視点
    椙村 春彦(浜松医科大学医学部 病理学第一講座)
  • 2. がん組織の収集・提供事業の実際 −神奈川がん臨床研究・情報機構での経験から−
    宮城 洋平(神奈川県立がんセンター 臨床研究所 がん分子病態研究部門)
  • 3. 東京都健康長寿医療センターで行われている3つの病理解剖由来組織バンク事業
    沢辺 元司(東京都健康長寿医療センター 高齢者バイオリソースセンター)
  • 4. 研究用人体組織・診療情報の収集と使用・外部提供を巡る倫理と法の交錯−いわゆる「包括同意書」に焦点を当てて−
    畔柳 達雄(兼子・岩松法律事務所)
  • 5. Biobank System in Korea
    Kun Young Kwon(Department of Pathology, Keimyung University School of Medicine, Daegu, Korea)

オープンフォーラム5 
「病理検査士制度をめぐって」
4月28日(木) 17:00〜18:30 H会場(4F・416+417会議室)

座長坂本 穆彦(杏林大学医学部 病理学講座)
石亀 廣樹(JA長野厚生連佐久総合病院 病理部)

  • 1. 我が国における病理検査士(PA)制度の是非:病理医の立場から
    水口 國雄(帝京大学医学部附属溝口病院 臨床検査科)
  • 2. PA制度をめぐって:技師の立場から
    青木 裕志(順天堂大学医学部附属練馬病院 臨床検査科)

オープンフォーラム6 
「病理学の魅力をいかに伝えるか:病理夏の学校」
4月30日(土) 17:00〜18:30 I会場(3F・311+312会議室)

座長本山 悌一(山形大学医学部 人体病理学)
吉野 正(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学)

  • 1. 中・四国病理夏の学校 −11回を終えてのこれまでとこれから
    井内 康輝(広島大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学)
  • 2. 基礎病理学と診断病理学の魅力をともに伝えようとする北海道支部の試みとその評価
    立野 正敏(旭川医科大学 病理学講座 免疫病理分野)
  • 3. 病理夏の学校 −病理の幅の広さと奥の深さを語る東北支部の試みとその評価−
    鬼島 宏(弘前大学 第5回病理夏の学校実行委員長)
  • 4. 病理医の生き方をアピールする中部支部の試み
    白石 泰三(三重大学医学研究科 腫瘍病理学)
  • 5. 神奈川県病理医会 学生・研修医のためのセミナー:手作りの試み
    長嶋 洋治(横浜市立大学大学院医学研究科 分子病理学)

▲ページ最上段へ

若手育成用セミナー

若手育成用セミナー1
 4月29日(金・祝) 11:55〜12:55 A会場(1F・メインホール)

座長小山 徹也(群馬大学大学院 病理診断学)

「CLASSIFICATIONS AND PROGNOSIS OF BREAST CANCER」
Vincenzo Eusebi(Department of Haemathology & Oncology L&A Seragnoli, Section of Surgical and Cytopathology" M. Malpighi", Ospedale Bellaria, University of Bologna, Bologna, Italy)

若手育成用セミナー2
「UK, Ireland-Japan Young lnvestigator Session」
 4月29日(金・祝) 17:30〜18:30 G会場(4F・414+415会議室)

座長Daichi Maeda(The University of Tokyo, Tokyo, Japan)

  • 1. A Novel Mouse Model of Colorectal Cancer Suggests a Pro-Invasive Role for the Tumour Suppressor ARF(口演中止・誌上発表)
    B Doyle(Coombe Women and Children's University Hospital, Doblin, Ireland)
  • 2. Analysis of the role of microRNAs within stromal fibroblasts in breast cancer
    Eldo T Verghese(Department of Histopathology, St James University Hospital, Leeds UK)
  • 3. Regulation of microRNA expression and maturation pathway by p53
    Hiroshi I. Suzuki(Department of Molecular Pathology, Graduate School of Medicine, University of Tokyo)
  • 4. Comprehensive Histological Analysis of 54 Resected Lung Carcinomas with ALK rearrangement
    A Yoshida(National Cancer Center Hospital, Tokyo Japan)

若手育成用セミナー3
 4月30日(土) 11:55〜12:55 A会場(1F・メインホール)

座長下田 忠和(国立がん研究センター がん対策情報センター)

「人体病理学の楽しみ方」
渡辺 英伸(PCL Japan 病理・細胞診センター 特別顧問)

若手育成用セミナー4 <開催中止・誌上発表>

座長森 茂郎(江東微生物研究所病理研究所)

「The Next Generation of Tissue-based Molecular Tests will Transform the Practice of Medicine」
Thomas M. Grogan(Professor Emeritus of Pathology, University of Arizona)

▲ページ最上段へ

緊急課題セッション

4月28日(木) 11:55〜12:55 A会場(1F・メインホール)

座長長坂 徹郎(名古屋大学医学部 保健学科 検査技術科学専攻)

「子宮頸癌・体癌取扱い規約の改定:病理編の要点」
坂本 穆彦(杏林大学医学部 病理学)

▲ページ最上段へ

系統的・剖検病理診断講習会

系統的・剖検病理診断講習会1 
「分子病理学キーワード」
 4月28日(木) 17:00〜18:30 B会場(5F・503会議室)

座長鳥越 俊彦(札幌医科大学医学部 病理学第一講座)
片岡 寛章(宮崎大学医学部 病理学講座 腫瘍・再生・病態学分野)

  • 「DNAメチル化・エピゲノム」
    山本 英一郎、豊田 実(札幌医科大学医学部 生化学講座)
  • 「MicroRNAの病理学」
    篠崎 綾(東京大学大学院医学系研究科 病理学講座 人体病理学・病理診断学分野)
  • 「上皮・間葉移行」
    齋藤 正夫(山梨大学大学院 医学工学総合研究部 第2生化学)

系統的・剖検病理診断講習会2 
「剖検講習会」
 4月29日(金・祝) 8:45〜9:45 B会場(5F・503会議室)

座長野口 雅之(筑波大学大学院人間総合科学研究科医学系専攻 分子病理学)

「剖検診断の進め方」
植草 利公(関東労災病院 病理診断科)

系統的・剖検病理診断講習会3
「異状死」
 4月29日(金・祝) 13:05〜13:40 B会場(5F・503会議室)

座長福里 利夫(帝京大学医学部 病理学)

「異状死」
藤田 眞幸(慶應義塾大学医学部 法医学教室)

系統的・剖検病理診断講習会4 
「病理検体の研究への応用」
 4月29日(金・祝) 13:40〜14:15 B会場(5F・503会議室)

座長伊藤 雅文(名古屋第一赤十字病院 病理部)

「病理検体の研究への応用」
井藤 久雄(鳥取大学医学部 器管病理学分野)

系統的・剖検病理診断講習会5 
「医療安全」
 4月29日(金・祝) 14:15〜14:50 B会場(5F・503会議室)

座長佐々木 毅(横浜市立大学附属市民総合医療センター 病理部)

「医療安全」
河野 龍太郎(自治医科大学医学部 メディカルシミュレーションセンター)

▲ページ最上段へ

臓器別病理診断講習会

臓器別病理診断講習会1 
「肝の非腫瘍性疾患」
 4月28日(木) 9:00〜10:00 B会場(5F・503会議室)

座長榎本 克彦(秋田大学医学部 病理病態医学)

「肺高血圧症による高度うっ血肝にみられた小葉中心性の細胆管反応−肝傷害に伴う細胆管反応の病理学的考察−」
西川 祐司(旭川医科大学医学部 病理学講座 腫瘍病理分野)

臓器別病理診断講習会2 
「リンパ腫の生検病理」
 4月28日(木) 10:00〜11:00 B会場(5F・503会議室)

座長中村 栄男(名古屋大学大学院医学系研究科 臓器病態診断学)

「リンパ腫の生検病理:最初の1歩」
高橋 恵美子(愛知医科大学病院 病院病理部)
今井 裕(三重大学医学部付属病院 病理部)

臓器別病理診断講習会3 
「乳管内病変」
 4月29日(金・祝) 10:00〜11:00 B会場(5F・503会議室)

座長向井 清(東京都済生会中央病院 病理診断科)

「DUCTAL CARCINOMA IN SITU(DCIS)OF THE BREAST : NATURAL HISTORY」
Vincenzo Eusebi(Department of Haemathology & Oncology L&A Seragnoli, Section of Surgical and Cytopathology "M. Malpighi", Ospedale Bellaria, University of Bologna, Bologna, Italy)

臓器別病理診断講習会4 
「中枢神経:脳腫瘍」
 4月30日(土) 9:00〜10:00 B会場(5F・503会議室)

座長南條 博(秋田大学医学部附属病院 病理部)

「アストロサイト系腫瘍の病理診断とピットフォール」
黒瀬 顕(弘前大学医学部 病理診断学講座)

「線維形成結節性髄芽腫:髄芽腫の亜型分類と他の胎児性腫瘍との鑑別」
渡辺 みか(東北大学病院 病理部)

臓器別病理診断講習会5 
「消化管」
 4月30日(土) 10:00〜11:00 B会場(5F・503会議室)

座長村田 晋一(埼玉医科大学国際医療センター 病理診断科)

「胃と大腸における充実型低分化腺癌の病理診断」
新井 冨生(東京都健康長寿医療センター 病理診断科)

▲ページ最上段へ