コンパニオンミーディング

コンパニオンミーティング1
「中皮腫の診断と治療の進歩」

座長井内 康輝(広島大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学)
石川 雄一(財団法人癌研究会 癌研究所  病理部)

  • 1. 中皮腫の病理
    井内 康輝(広島大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学)
  • 2. 悪性中皮腫の分子生物学
    石川 雄一(財団法人癌研究会 癌研究所 病理部)
  • 3. 中皮腫の内科的治療
    岸本 卓巳(岡山労災病院 内科)
  • 4. 悪性胸膜中皮腫に対する外科診療
    岡田 守人(広島大学大学院医歯薬学総合研究科 腫瘍外科)

▲ページ最上段へ

コンパニオンミーティング2
「膵腫瘍 新WHO分類の概要と問題点 −症例検討を含めて」

座長清水 道生(埼玉医科大学国際医療センター 病理診断科)
福嶋 敬宜(自治医科大学附属病院 病理診断部)

  • 1. Keynote lecture : The 2010 WHO Classification of Tumors of the Pancreas
    Ralph H. Hruban(The Johns Hopkins University School of Medicine)
  • 2. 新WHO分類(膵腫瘍)の問題点と今後の課題
    福嶋 敬宜(自治医科大学附属病院 病理診断部)
  • 3. 新たに採用された概念1:膵管内管状乳頭腫瘍(ITPN)
    平岡 伸介(国立がん研究センター研究所 分子病理分野)
  • 4. 膵Solid-pseudopapillary neoplasm with apparent high-grade malignant transformation
    大池 信之(昭和大学医学部 第一病理学教室)

▲ページ最上段へ

コンパニオンミーティング3
「改訂された泌尿器系腫瘍取扱い規約に沿った病理診断の実際」

座長白石 泰三(三重大学医学研究科 腫瘍病理学)
村田 晋一(埼玉医科大学国際医療センター 病理診断科)

  • 1. 改訂された腎癌取扱い規約に即した病理診断
    黒田 直人(高知赤十字病院 病理診断科部)
  • 2. 改訂された腎盂・尿管・膀胱癌取扱い規約に即した病理診断
    都築 豊徳(名古屋第二赤十字病院 病理診断科)
  • 3. 前立腺癌取扱い規約に即した病理診断
    鷹橋 浩幸(東京慈恵会医科大学医学部 病理学)

▲ページ最上段へ

コンパニオンミーティング4
「口腔癌の浸潤:外科病理と分子病理の架け橋」

座長進藤 正信(北海道大学大学院 歯学研究科 口腔病理病態学)
原田 博史(市立堺病院 病理・研究科)

  • 1. 口腔癌の浸潤様式 −外科病理学的観点から
    出雲 俊之(埼玉県立がんセンター 病理診断科)
  • 2. 微細血管構造の変化を基盤とした咽頭の早期扁平上皮癌の診断と分子機構の解明
    藤井 誠志(国立がん研究センター東病院 臨床開発センター 臨床腫瘍病理部 細胞動態室)
  • 3. 3D構築からみた口腔癌の浸潤
    島津 徳人(日本歯科大学 生命歯学部 病理学講座)
  • 4. 口腔癌浸潤の分子機構 〜口腔癌の浸潤に関わる新規因子の同定〜
    工藤 保誠(広島大学大学院医歯薬学総合研究科 口腔顎顔面病理病態学)
  • 5. 癌間質の異常、とくに腫瘍血管の特性と浸潤との関連性
    樋田 京子(北海道大学大学院歯学研究科 口腔病態学講座 血管生物学教室)

▲ページ最上段へ

コンパニオンミーティング5 【病理診断セミナー】
「病理診断に注意が必要な消化管生検 −症例検討を中心に−」

座長和田 了(順天堂大学医学部附属静岡病院 病理診断科)
五十嵐 誠治(栃木県立がんセンター 臨床検査部 病理診断科)

  • 1. 病理診断に注意が必要な消化管生検 症例1
    河内 洋(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 人体病理学)
  • 2. 病理診断に注意が必要な消化管生検 症例2
    伴 慎一(済生会川口総合病院 病理診断科)
  • 3. 病理診断に注意が必要な消化管生検 症例3
    五十嵐 誠治(栃木県立がんセンター 臨床検査部 病理診断科)
  • 4. 病理診断に注意が必要な消化管生検 症例4
    伴 慎一(済生会川口総合病院 病理診断科)
  • 5. 病理診断に注意が必要な消化管生検 症例5
    五十嵐 誠治(栃木県立がんセンター 臨床検査部 病理診断科)
  • 6. 病理診断に注意が必要な消化管生検 症例6
    八尾 隆史(順天堂大学医学部 人体病理病態学)
  • 7. 胃ESD例:特殊な組織像から成った早期癌例 症例7
    和田 了(順天堂大学医学部附属静岡病院 病理診断科)
  • 8. 多発性早期癌併存広基性鋸歯状ポリープ/腺腫の1例
    三富 弘之(順天堂大学医学部 人体病理病態学)

▲ページ最上段へ

コンパニオンミーティング6 
「腎糸球体、小血管の内皮障害をどうとらえるか −Thrombotic microangiopathy(TMA)の病理」

座長大橋 健一(虎の門病院 病理部)
上田 善彦(獨協医科大学越谷病院 病理部)

  • 1. Thrombotic microangiopathyの病理、剖検と生検
    江原 孝史(信州大学医学部 病理組織)
  • 2. 血栓性微小血管症 −妊娠と関連疾患について
    松岡 健太郎(国立成育医療センター 病理診断科)
  • 3. 腫瘍性疾患に伴う血管内皮障害 造血幹細胞移植関連腎障害を中心として
    根本 哲生(東邦大学医療センター大森病院 病理診断科)

▲ページ最上段へ

コンパニオンミーティング7
「次世代の環境発がんを考える会」市民公開講座

総合司会森 まどか(アナウンサー)

座長中釜 斉(国立がん研究センター研究所)
辻 篤子(朝日新聞 論説委員)

  • 1. 序論:環境発がん研究の現状
    若林 敬二(静岡県立大学 食品栄養科学部)
  • 2. μm多層カーボンナノチューブによる中皮腫発癌の考察
    菅野 純(国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター 毒性部)
  • 3. アスベスト発がんの解明からその予防へ
    豊國 伸哉(名古屋大学大学院医学系研究科 病理病態学講座 生体反応病理学)
  • 4. 環境発がんとDNA損傷
    椙村 春彦(浜松医科大学医学部 病理学第一講座)
    松田 友成(京都大学工学研究科 附属流域圏総合環境質研究センター)
  • 5. 統括:次世代の環境発がんを考える
    樋野 興夫(順天堂大学医学部 病理・腫瘍学)

▲ページ最上段へ

コンパニオンミーティング8
「乳腺の異型病変をどのように捉えるか? −診断へのアプローチを探る−」

座長秋山 太(癌研究会癌研究所 病理部)
土屋 眞一(日本医科大学附属病院 病理部)

  • 1. 乳腺の異型病変をどのように捉えるか? 病理の立場から
    土屋 眞一(日本医科大学附属病院 病理部)
  • 2. 乳腺の異型病変をどのように捉えるか? 病理の立場から
    堀井 理絵(癌研究会有明病院 病理部)
  • 3. 乳腺の異型病変をどのように捉えるか? 臨床の立場から
    岩瀬 拓士(癌研究会有明病院 乳腺センター)

▲ページ最上段へ

コンパニオンミーティング9
「子宮内膜の病理診断:最近の知見と問題点」

座長三上 芳喜(京都大学医学部附属病院 病理診断部)
安田 政実(埼玉医科大学国際医療センター 病理診断科)

  • 1. 子宮内膜癌の形態的スペクトラム
    柳井 広之(岡山大学病院 病理診断科)
  • 2. 子宮内膜増殖症・類内膜腺癌との鑑別を要する子宮内膜病変の病理診断
    森谷 卓也(川崎医科大学 病理学2)
  • 3. 子宮内膜増殖症をめぐる問題
    三上 芳喜(京都大学医学部附属病院 病理診断部)

▲ページ最上段へ

コンパニオンミーティング10
「骨髄病理のトピックス」

座長定平 吉都(川崎医科大学 病理学1)
伊藤 雅文(名古屋第一赤十字病院 病理部)

  • 1. 検査部におけるWHO分類2008への対応
    矢冨 裕(東京大学医学部附属病院 検査部)
  • 2. 白血病の病理組織診断と治療に向けた今後の展望
    倉田 盛人(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 包括病理学)
  • 3. MDS骨髄病理診断の標準化のためのスコアシステム
    伊藤 雅文(名古屋第一赤十字病院 病理部)
  • 4. 赤芽球系のトピックス
    定平 吉都(川崎医科大学 病理学1)
  • 5. 骨髄巨核球増殖症
    根本 啓一(新潟県立がん研究センター新潟病院 病理部)
  • 6. 二次性(後天性)血球貧食症候群(HPS)をきたす疾患の解析
    竹下 盛重(福岡大学医学部 病理学)
  • 7. 若年性骨髄単球性白血病の発症機序に関する最近の所見
    宮内 潤(東京歯科大学市川総合病院 臨床検査科)

▲ページ最上段へ